成長期の子供達には睡眠も健康的に成長していくための重要な要素となっています。

ですが、昨今の子供たちは塾や習い事、部活などで忙しく、寝不足気味になっている子が多いという話です。

「寝る子は育つ」の通り成長期のうちは十分な睡眠をとった方がいいのは間違いないですが、具体的にどのくらいの睡眠時間をとればいいのか、調査してみました。

 

どの世代でも7時間以上の睡眠は必要!

 

基本的には幼児期~高校生くらいまでは少なくとも7時間以上の睡眠が必要とされています。

また、20歳を超えた後も20代のうちは7時間程度は睡眠をとった方が良いそうです。

年齢 1歳~6歳 7歳~12歳 13歳~15歳 16歳~18歳 19歳~25歳
睡眠時間 10時間 10時間 8時間 8時間 7時間

 

ただ眠るではなく質の良い睡眠を

 

ご紹介したように成長期の子供達にはたくさんの睡眠が必要になりますが、ただ眠れば良いというわけではなく、体と脳を休め次の日元気に活動できるように質の良い睡眠を目指しましょう。